第一部 
新聞を読んで切り抜き、プレゼンをして他の参加者からフィードバックを受けます。
  新聞読んでいる
 新聞を読むことで、集中力、文章力、時事力がつきます。
また、プレゼンは要約力、人前で発表する力をつけます。この一つ一つの積み重ねが自信になっていきます。

 新聞切抜

本日、ピックアップした記事です。

第二部
 ポジティブシンキング 「うまくいっている人の考え方」
今回の学びのテーマは「自尊心をどう高めるか」ということです。
自尊心とは何か。それは自分を好きになり、他人と同じように自分も素晴らしい人生を
創造するに値する人間であると信じる気持ちのことです。そのことについて沢山の意見交換をしました。
自分に対する考え方を修正し、新しいセルフ・イメージを持てたときに人間は成長し、幸せな
自分に変身し、うまくいく考え方の習慣が身につくということを学びました。

車椅子に乗る体験、押す体験。
乗っている人は、押された時の速さの感じ方や、後ろから声をかけて頂いた時の
安心感を学んだり、押す人は「動きます」「止まります」などを
必ず声に出して伝えることで、コミュニケーションがとれることを
学びました。

   車椅子3

参加者の感想
・車椅子に乗ってみて、初めて乗っている人の気持ちがわかったように感じ
思いやりの気持ちを持って接しようと思った。
・車椅子に乗っている方を「自分が守るんだ」という気持ちと、責任を持って
行うことが大切だとわかった。

  車椅子2

~実際に、車椅子に乗る、押す体験をしている様子~


本日の支援プログラムは、心のエクササイズ「アロマテラピー」でした。
 現代はまさにストレス社会です。生活環境、仕事のプレッシャーや
職場での人間関係、求職活動が中々実を結ばない等・・・。
 ストレスが多すぎると、イライラや焦燥感、倦怠感、不眠、気分低下などが
起こることがあります。アロマテラピーは、特にメンタルケアに優れた
効果を発揮してくれます。

全体1

 ラベンダークリーム(ハンドクリーム)をつくり、使用することで
リラックスしたり、不安が軽減し、前向きな気持ちになります。
そんな気持ちで就職活動に進んでいきたいですね。


 クリーム
 ストレス解消したいときは、自分で簡単に作れますよ。

 寒い中にも日差しにパワーを感じますね・・・・・と、テレビで天気予報士さんが
話されてましたが、本当に実感です。 ワクワク感いっぱいです

 新たな出発の一つとして、工場見学にいってきました。  
長束にある(FPS)企業様です。ここには、すでに6人を採用していただいています。

 私たちがまいりました時も、明るく挨拶をしてくれました。何よりうれしかったのは
イキイキと働いている姿でした

職場見学は、センター長様自ら工場内を案内して下さり、時間をかけて若者に
会社のこと、、働くことについて大切なことなどをお話し下さり、
参加した若者はこんな職場で働きたいとの気持ちを強くしました。 
 さっそく11日面接をして頂くことになりました。

1.jpg0107-3
写真に写っている人たちは職場見学をさせていただき、仕事の内容・職場の雰囲気などを自分の目で確かめて
自分から面接をお願いして、採用いただいた人たちです。

これからも、企業様にお願いして職場見学・体験など進めていきます。




 

本日のセミナーは「キャリアの虹をどう描く」でした。
講師 広島市若者の自立・就労支援事業責任者  鈴村 千穂子

最初

人生の中で、人にはいろんな役割があり、役割の中で大事なのは
「3つのライフプラン(健康・経済・キャリア)」が必要。
 本日のセミナーでは「私が今年中に手に入れたい、生き甲斐の指標」
についてグループワークで話し合った。
お互いに質問しながら質問力をつけたり、また質問に答えることによって
より具体的になり「私が今年中に手に入れたい目標」が明確になった。

ルループワーク

参加されたご家族からの感想:
子供のことで心身ともにいっぱいになっている自分を、
少し解放し、自分のために楽しむ時間も大切にしようと思った。
その方が、子供のためにもなると思った。