風薫る5月♪ のカレンダーができました。皆さんの来館をお待ちしています。
前日までの予約が必要です。遅刻や欠席も必ず連絡してくださいね。

5月カレンダー

4月22日(火)13時半、若者13名とスタッフ1名は、元気よくサテライトを出発!
観光ボランティアガイドさんの案内で、原爆の子の像→灯篭流しをする場所→平和の鐘→時計塔→原爆保養塔→韓国人原爆犠牲者慰霊碑→レストハウス→原爆死没者慰霊碑→峠三吉の碑→国立広島原爆死没者追悼平和の祈念館、と歩きました。

写真1

今でも、50センチ下に当時の被爆のがれきが埋まっているという現実に思いを馳せながら、
平和公園を歩きました。

        写真 2小 

若者らは、疲れもみせず熱心にガイドさんの説明を聴き、サテライトへ戻ったのは16時をまわっていました。

●若者たちの感想の一部
「建造物やモニュメントひとつにしても、たくさんの願いやいろんな意味が込められていて驚きました。」
「一番記憶に残ったのは、平和の灯です。核兵器をなくすことができれば、炎も消せることができると聞いて、早く核兵器がなくなって、本当の意味で世界が平和になればいいな、と心から感じました。」
「よく平和とは想像と求めることから始まる、と言われるが、我々広島の若い人が広島の原爆投下された歴史を学び、世界中に広げていかなければと思う。」
「知らないことがたくさんあって、広島に生まれた者として、更に勉強が必要だと感じた。他県の人に、そして世界の方にヒロシマの思いを伝えられるよう、より勉強していきたいと思った。」
「平和公園の地下50センチには、がれきや骨が埋まっていると知り、今の日本がそのころよりはずっと平和であることが、とてもありがたく思いました。何ができるというわけではないですが、平和を願います。」