若者交流館ユーストピア中央サテライトの入り口には
衣笠祥雄さんが若者らのために書いてくださった
熱いメッセージ入りの色紙が飾られています。
色紙

広島市の広報誌「市民と市政」6月15日号に、若者交流館ユーストピア中央サテライトに
ついて、大きく掲載されました。
市民と市政

野球解説・評論家の衣笠祥雄さんをお招きし、2015年度第一回目の講演会が開催されました。

全体

衣笠さんは、練習に明け暮れた学生時代のころ、カープへ入団してからのこと、
またご自身の思いや大事にしていることなど、とても貴重な興味深いお話を、
ユーモアを交えてお話いただきました。

衣笠さん

約170人の参加者があり、開場前から多くのお客様が来られ受付に並ばれました。

最後に若者交流館の事業受託団体NPO法人キャリアネット広島理事長がご挨拶。
会場の皆さんへ、周囲で仕事や就職が決まらず一人で悩んでいる若者が必ずいるはず。
ぜひ、力になってくれるところがあるとお伝えください。と呼びかけました。

ミーティング
若者らは役割分担をして、協力して講演会を運営し、成功へと導くことができました。
また卒業生の若者も応援に駆けつけてくれました。
外での会場案内、受付、資料配布、会場整理、大勢のお客様の前で、堂々と司会を
務めるのも、全体を指揮するのも若者たちです。
皆さん、お疲れ様でした。最後に全体ミーティングをして講演会は無事終了しました。





梅雨の季節になりました。雨もまたよし。皆さん、サテライトでお待ちしていますね。
2015年6月カレンダー