10月3日(土)精神保健福祉士・ピアカウンセラーの笹森理恵さんをお招きし、
「発達障害って、結局生きていくのに何が必要やねん?」と題しての講演会が開催され
ました。

講演

若者らとスタッフは12時に集合、まずはみんなで大きなおにぎりをいただき腹ごしらえ
をしたところで、打ち合わせを行い、その後持ち場に分かれて、会場づくり、案内、受付、
と役割分担し、協力しあって講演会を運営しました。
100名を超えるお客様の前で堂々と司会進行の大役を担うのも若者です。

打ち合わせ
案内

講師の笹森理恵さんは、発達障害の当事者として、親として、また支援者としての
視点からその特性や対応をわかりやすく解説してくださいました。

講師

会場は満員御礼となり、テーマへの関心の高さがうかがえました。

あふれる人


次回の講演会は、2016年2月6日(土)です。医療法人ハンス理事長・心療内科医長井敏弘さん
においでいただき「心療内科医が伝える、人との関わり方」と題しての講演です。
どうぞお楽しみに。